電子黒板アプリ・フリーソフトおすすめ【10選】無料で使える電子黒板アプリはコレ

本記事では、電子小黒板とは?という説明から電子小黒板アプリの導入・普及の背景を解説します。

加えて、電子小黒板の普及が進む昨今において、どのようなソフトがおすすめかを特徴を列挙して解説します。

本記事で紹介するおすすめソフトは全てフリーソフトになっているため、ぜひ導入を検討している企業の判断の一助にしてみてください。

施工管理アプリ17製品比較資料

料金・機能・製品ごとの特徴などを一覧表形式で比較した資料を無料DLいただけます。

目次

電子黒板アプリとは?

電子黒板アプリとは?

電子黒板アプリとは、電子小黒板を搭載したアプリケーションソフトのことを指します。

建設現場では、品質管理の一環として写真台帳の作成を通して使用材料の検収・施工ステップ・出来形管理・安全管理などを行います。

その際に、従来は木製黒板を利用して写真の状況を補足していました。

電子小黒板とは、この木製黒板をデジタル化したもので2017年に国土交通省の管轄工事の中で電子小黒板が利用されたことを機に様々な電子黒板アプリが開発されており、大手ゼネコンを筆頭に次々と導入が進められています。

あわせて読みたい
工事写真フリーソフトおすすめ【11選】無料で使える充実機能のソフトはコレ 本記事では、建設現場で写真管理を行う時にフリーソフトの導入を検討する個人・法人の方に向けてフリーソフトの紹介・選ぶ際のポイントに加えて、メリット・デメリット...

電子黒板アプリを導入するメリット

電子黒板アプリを導入するメリット

電子小黒板アプリはなぜ普及したのでしょうか。

ここでは、現場業務での効率化のポイント、安全管理のポイント、事務作業の省力化・省人化のポイントの3点に絞って電子黒板アプリを導入するメリットを紹介します。

写真撮影時間の省力化

従来の木製黒板では、チョークで計測結果や現場状況を測点ごとに記載する必要がありました。

一方で電子小黒板アプリでは、あらかじめデータ入力を行ってドラフトを作成しておくことが可能なため、写真撮影ごとの黒板作成が容易になります。

これが現場業務での効率化のポイントです。

現場の実情として、施工ステップを撮影する必要がある工種の施工時に他の出来形管理と重なると、黒板を全て書き直す必要があります。

その為、都度施工業者には施工を一時止めてもらい写真撮影を行わなくてはいません。

ほんの数分のことですが、これが重なると管理側も施工業者も不満が募ります。

電子小黒板では、その日に撮影が予測されるものを下書きしておくことでスムーズな作業を確保できることが最も大きな強みです。

一人作業が可能になる

次に、安全管理のポイントを解説します。

従来の木製黒板を使用するときは、撮影者と黒板を支える人の二人一組で行うことが効率的でした。

一人でも撮影ができないケースは少ないですが2人で対応しないと非常に効率が悪くなってしまいます。

そこへ、電子小黒板を活用することで一人でも写真撮影に対応しやすくなり、危険なエリアでの撮影も安全な位置から撮影可能になるため安全性も向上しました。

写真整理の省人化・省力化

最後に紹介するのが、事務作業の省力化・省人化のポイントです。

現場で撮影した写真を台帳として纏めるときのメリットとなります。

従来は、時系列に撮った写真をPCに取り込み階層・工種・出来形別などに纏め直します。

その後、手作業で台帳を作成していくのが一般的でした。

しかし電子小黒板を使うことで、自動で階層・工種・出来形別に分類・台帳案の作成をしてくれます。

そのため、これまで写真整理等にかかっていた時間や労力を他の作業に回せるため大きな業務の省力化・省人化が期待できます。

電子黒板アプリ・フリーソフトおすすめ【10選】

電子小黒板のメリットは理解できたでしょうか。

ここでは、実際に電子小黒板のおすすめフリーソフトを紹介します。

フリーソフトのため、導入のハードルは低いですが、無料期間が決まっているものや有料版への自動意向が行われるもの、大きな現場で複数人作業を想定して作られているものなど、ソフトによって特徴は大きく異なります。

導入企業が求めている目的の機能が備わっていることを確認できるように特徴をわかりやすく纏めています。

メリット・デメリットに加えて留意点を念頭において導入を検討して下さい。

アプリ名主な機能料金対応端末公式ページ
現場ポケット・日報機能
・報告書作成機能
・トーク機能
・掲示板機能 など
初期費用:0円
月額料金:年間契約「11,880円(税込)」月額契約「13,200円(税込)」
※最大2ヶ月間の無料使用期間あり
・iPhone
・iPad
・Android
・PC
公式HP
KANNA・現場管理
・写真・図面管理
・チャット
・日報・報告
・工事黒板 など
初期費用:0円
・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
公式HP

SiteBox
・写真の自動振り分け
・写真撮影
・帳票作成 など
初期費用:0円
月額費用 :利用者数に応じて別途相談
・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
公式HP
ミライ工事・電子小黒板
・写真台帳
・トーク機能 など
初期費用:0円
【月額費用】
フリープラン:0円
シンプルプラン:500円
スタンダードプラン:900円
プロフェッショナル :1,980円
・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
公式HP
電子小黒板PhotoManager・写真撮影
・小黒板 など
初期費用:0円
月額費用:0円〜
・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
公式HP
Photoruction・図面管理
・タスク管理
・検査機能 など
初期費用:0円〜
月額費用:プランによって変動
※無料体験あり
・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
公式HP
蔵衛門工事黒板・写真
・黒板
・図面
・写真台帳
・トーク など
初期費用:0円
【月額料金】
フリープラン:0円
プレミアムプラン:660円
エンタープライズプラン :要相談
・iPhone
・iPad
・PC
※クラウドサービス
公式HP
現場DEカメラ・写真台帳
・写真撮影
・電子納品対応
初期費用:0円
【月額費用 】
現場DEカメラLITE:0円
現場DEカメラPRO: 3,000円
・iPhone
・iPad
・PC
※クラウドサービス
公式HP
工事写真・写真台帳
・写真撮影 など
初期費用:0円
【月額費用】
バックアップサーバー代:30日間250円〜
・iPhone
・iPad
公式HP
工事写真メーカー・工事写真台帳初期費用:0円
月額費用 :3,000円 
※最初の起動から31日間か、起動回数50回まで無料
・PC公式HP

現場ポケット

現場ポケットのおすすめポイント

  • 「使いやすさ」にこだわったシンプル設計
  • 初期費用が無料で他社比較でもコストが安い
  • 現場で撮影した写真が自動保存されて管理が楽
主な機能トーク機能
掲示板機能
アルバム機能
日報機能
報告書作成 など
料金初期費用:0円
月額料金:年間契約「11,880円(税込)」月額契約「13,200円(税込)」
※最大2ヶ月間の無料使用期間あり
対応端末iPhone
iPad
android
PC
運営会社株式会社アステックペイント

総評コメント

「現場ポケット」は、株式会社アステックペイントが運営する施工管理アプリです。

現場管理に特化した機能を標準搭載しており、「使いやすさ」にこだわって作られた施工管理アプリである為、年長者が多い現場やデジタル化に抵抗がある企業にもおすすめ。

工事写真はトークに投稿するだけで自動でアルバムに反映されます。

アルバム内の写真はスマホ・パソコンで確認できるため、どの場所からでもリアルタイムで写真管理できるのが嬉しいポイントです。

また日報機能で勤怠の「見える化」が出来たり、テンプレで報告書を簡単に作れる報告書作成機能など現場管理に必要な機能が揃っています。

現場ポケットはアフターフォローも充実している為、導入後も安心して活用できます。

それでいて初期費用は無料。

月額費用も年間契約で「11,880円(税込)」と他社と比べても安いのが特徴です。

今なら最大2ヶ月間の無料お試し期間がある為、まずは資料をダウンロードしてみてください。

あわせて読みたい
現場ポケットの口コミ評判・機能・料金・導入事例 出典:現場ポケット公式サイト 現場ポケットはどんなことができるの? 現場ポケットは初心者でも使えるの? 以上の疑問を解決するべく、本記事では建設現場の施工管理ア...

KANNA(カンナ)

KANNAのおすすめポイント

  • 初期費用無料にて利用できる
  • Apple StoreでNo,1の評価
  • 利用する端末を選ばない
主な機能現場管理
写真・図面管理
チャット
日報・報告
工事黒板 など
料金初期費用:0円
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社Aldagram

総評コメント

株式会社アルダグラムが提供するKANNAは、

KANNAは、施工管理に必要な写真機能・案件作成・チャット・報告書作成など複数の機能が標準装備されています。

また Apple Storeで業界アプリ評価No,1を獲得しており、利用性やユーザー評価が高い事でも評判です。

利用する端末を選ぶことなく利用できるため、PC・スマホ・タブレットで利用できるの嬉しいポイント。

初期費用無料で高評価の施工管理アプリは数が少ない為、電子小黒板も搭載した施工管理アプリをまず試してみたい企業の方はKANNAを検討してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
カンナ(KANNA)の口コミ評判・機能・料金・導入事例 出典:KANNA公式サイト 建設業などの施工管理業務は、現場での管理業務、事務所での事務作業、現場間の移動など業務時間が長くなりがちで、業務軽減は業界全体での課題...

SiteBox (サイトボックス)

SiteBoxのおすすめポイント

  • クラウド化で作業分担を可能
  • スマートフォンで記録〜撮影を一台で運用可能
  • 電子小黒板の改ざん検知機能を搭載
主な機能・写真の自動振り分け
・写真撮影
・帳票作成 など
料金初期費用:0円
月額費用 :利用者数に応じて別途相談
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社建設システム(KENTEM)

総評コメント

本アプリは、SiteBoxに搭載したスマートフォンで出来形データの記録と工事写真の撮影ができます。

さらに”電子小黒板”の写し込み機能を使用することで、黒板を持ち運ぶ必要がなくなるため危険な場所でも安全に撮影できるほか、黒板を持つ必要がなく手書きも不要なため撮影人数を削減できます。

記録した出来形データ、撮影した工事写真を「KSデータバンク」に保管することで、紛失等のトラブルからデータを守ります。

デジタル工事写真の電子小黒板では、実測値の記録と工事写真の撮影をスマートフォン1台で運用可能です。

電子小黒板の有効活用で、土木現場の安全確保や効率化が実現します。

【社内提案向け】施工管理アプリ17製品比較資料

施工管理アプリ全17製品を一覧表形式でまとめました。料金・機能面・対応端末・製品ごとの特徴などで比較できる仕様になっています。社内提案でも使いやすいよう資料はExcelでの配布です。
今だけ完全無料で提供しておりますので、是非本資料で施工管理アプリの比較・検討をしてみてください。

ミライ工事

ミライ工事のおすすめポイント

  • 現場で写真撮影から台帳作成まで一括で操作可能
  • 電波の通じない環境でもオフラインで操作可能
  • 台帳テンプレート機能で作業の効率化
主な機能・電子小黒板
・写真台帳
・トーク機能 など
料金初期費用:0円
【月額費用】
フリープラン:0円
シンプルプラン:500円
スタンダードプラン:900円
プロフェッショナル :1,980円
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社ミライ工事

総評コメント

ミライ工事は、スマホで操作可能な簡単・スピーディーな魅力がある電子黒板アプリです。

ま現場で必要な機能に特化し、500円から機能upできるお手頃な価格帯も嬉しいポイント。

リアルタイムデータ共有・共同作業に特化した法人プランも用意してあります。

電波の通じない現場でもクラウド保存を通じて快適に作業でき、台帳はテンプレートが備えてあります。

またカスタム台帳機能があり自社用にフォーマットを作成・エクセル台帳も簡単に作成できます。

電子小黒板PhotoManager

電子小黒板PhotoManagerのおすすめポイント

  • デジタル工事写真の小黒板情報電子化対応
  • 改ざん検知機能・小黒板情報連携機能に対応
  • クラウド連携機能
主な機能現場管理
写真・図面管理
チャット
日報・報告
工事黒板 など
料金初期費用:0円
月額費用:0円〜
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社ワイズ

総評コメント

本アプリでは、予め用意されたレイアウトから、撮影箇所に応じて小黒板が個別に作ることが可能です。

更にPhotoManagerではレイアウトも編集でき、自社オリジナル黒板を作ることができます。

「PhotoManager」で作成したレイアウトや小黒板は、連携機能を使ってアプリに取り込めます。

現場で携帯のアプリから撮影が可能で、電子小黒板はサイズ・位置を自由に調整できるため、小黒板の位置を気にせずに撮影できます。

また、電子小黒板をタップすることで、小黒板の切り替えや入力内容の修正が可能です。

さらに、写真に付加された工事情報の確認や、写真を一括選択しクラウドにアップロードできます。

Photoruction

Photoructionのおすすめポイント

  • クラウド機能により複数者による編集可能
  • モバイルアプリから写真撮影をして直接アップロードが可能
  • 信憑性確認(改ざん検知機能)の証明取得
主な機能・図面管理
・タスク管理
・検査機能 など
料金初期費用:0円〜
月額費用:プランによって変動
※無料体験あり
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社フォトラクション

総評コメント

Photoructionは、生産性を向上させるために木製黒板の電子化を実現しました。

黒板を記録する履歴機能、予め黒板を作成しておける定型黒板機能など、現場での入力を削減する機能が豊富にあります。

また、電子小黒板のレイアウトは自由に変更可能です。

色や文字の大きさ、画像の挿入なども出来るため、どんなシーンでも活用可能です。

誰でも作成できるため開発や追加費用も必要ありません。

さらに、COMSIAの信憑性確認(改ざん検知機能)に対応しています。

行政の工事などはもちろん、あらゆる工事において安心してご利用いただくことが可能です。

蔵衛門工事黒板

蔵衛門工事黒板のおすすめポイント

  • クラウド保存によりデータ共有が可能
  • 死蔵仕分け機能により手作業の削減
  • 撮影前の準備として現場・工種用のドラフトを一括作成
主な機能・写真
・黒板
・図面
・写真台帳
・トーク など
料金初期費用:0円
【月額料金】
フリープラン:0円
プレミアムプラン:660円
エンタープライズプラン :要相談
対応端末・iPhone
・iPad
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社ルクレ

総評コメント

蔵衛門工事黒板は、蔵衛門Pad DXや蔵衛門クラウドAppで撮影した電子小黒板付き工事写真に対応しています。

クラウドで共有した黒板の中から未撮影の黒板を表示して、撮り忘れを防止する機能も搭載しており、手戻り作業の軽減に寄与します。

電子小黒板は、クラウド上で保存でき写真撮影・編集業務が一人に集中しないように作業分担を促します。

また、自動仕分け機能を有しているため、工事名、場所、工種で自動的に整理され、使用する黒板をそれぞれの条件から簡単に絞り込んで表示が可能です。

黒板一覧のレイアウトを改善、一画面あたりのサムネイル表示数が増え、黒板検索がぐんと快適になっています。

現場DEカメラ

現場DEカメラのおすすめポイント

  • 電子納品に対応
  • 改ざん検知情報付与機能あり
  • 撮影箇所ごとに枚数確認が可能で撮り忘れ防止ができる
主な機能・写真台帳
・写真撮影
・電子納品対応 など
料金初期費用:0円
【月額費用 】
現場DEカメラLITE:0円
現場DEカメラPRO: 3,000円
対応端末・iPhone
・iPad
・PC
※クラウドサービス
運営会社ダットジャパン株式会社

総評コメント

現場DEカメラは、撮影画像の解像度を設定でき、電子納品に適切な工事写真の撮影に配慮されています。

撮影箇所ごとに図面や撮影枚数を確認できるため、撮影時の撮り忘れや撮り間違いを防ぐことができます。

連携ソフトの現場編集長CALSMASTERや、PHOTOMASTER Plusと併用すると、事前に撮影リストを作成することができます。

事前に作成した撮影リストを使用することで、アプリ内で撮影箇所の図面確認ができ、撮影箇所の撮り忘れ防止にもつながります。

現場での作業は撮影のみになり、撮影の作業効率が劇的に向上します。

撮影リストをもとに撮影写真を自動で写真フォルダに振り分けるため、効率的な写真管理が可能です。

工事写真

工事写真のおすすめポイント

  • 写真の自動整理(特許取得済)
  • 写真を自動バックアップ保存
  • 現場をチームで効率的に管理
主な機能・写真台帳
・写真撮影 など
料金初期費用:0円
【月額費用】
バックアップサーバー代:30日間250円〜
対応端末・iPhone
・iPad
運営会社株式会社Booth

総評コメント

工事写真はデジタルカメラと工事用黒板が一体となった、iPhone専用のアプリです。

公共工事では、作業内容が書き込まれた黒板とともに現場の写真を撮影して提出しなければなりませんが、黒板とカメラが一体となったこのアプリを使うことで現実の黒板は必要なくなります。

黒板が雨で濡れて見えなくなることや、風に吹き飛ばされることもありません。

また、実際に黒板を置くことが不可能な状況でも好きな場所に好きな大きさで配置することができます。

文字はタイピングで打ち込むのではっきりと美しい文字。

黒板記入で何度も使う名称は予め用意されたものや、自分で登録したものを選択することで素早い入力が可能です。

工事写真メーカー

工事写真メーカーのおすすめポイント

  • 電子納品可能
  • 写真編集が可能で簡単
  • 撮影工種区分のフォルダ管理機能
主な機能現場管理
写真・図面管理
チャット
日報・報告
工事黒板 など
料金初期費用:0円
月額費用 :3,000円 
※最初の起動から31日間か、起動回数50回まで無料
対応端末・PC
運営会Next Create

総評コメント

工事写真メーカーは、簡単で見やすいを目指して改良を重ねたアプリです。

工事写真帳を作成できる基本的な編集機能をさらに強化してワンランク上の工事写真帳を作成することができます。

操作は従来どおり直感的な編集ができ、写真への書き込みやPDFフォーマットへの出力などもサポートでき、バージョン8では平成31年3月より新たに追加された電子納品基準をサポートし、ますます使いやすくなりました。

写真データの貼り付けや編集・一括操作など写真編集機能が多数備わっています。

まとめ

まとめ

電子小黒板の導入背景やおすすめフリーソフトを理解できたでしょうか。

フリーソフトのため、企業側の導入ハードルは低い傾向にありますが利用者にとっては、新しいソフトに慣れるための時間とコストがかかります。

安易にフリーだからと導入する前に、企業が求めている機能が備わっているか、無料期間と有料になった場合でも使い続けたいかを確認してから導入を検討しましょう。

あわせて読みたい
建設業のDXを促進するおすすめアプリ【17選】現場で活躍するアプリを徹底比較無料もあり DX化を進めるための建設業向けアプリはあるか? 建設業にも活用できるDX化アプリを知りたい... 以上のお悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。 私たちの日々の生活・...
  • URLをコピーしました!
目次